貴金属市場の動向

2017年10月

田中貴金属工業株式会社 貴金属市場部 マーケティングセクション 今村 卓二

  • 金市場の動向
  • プラチナ市場の動向
  • 為替市場の動向

金市場の動向 10月の動き
金価格チャート
金市場の動向
 1,273.10 ドルでスタートした10 月の金相場は月初、前月からの軟調地合いを維持する中で好調な米経済指標も相俟って1,270 ドル付近まで値を落としたが、その後は一時1,280 ドル近辺まで反発する場面が見られた。6 日発表の米9 月雇用統計では平均賃金が市場予想を上回ったほか、失業率も低水準であったことからドル買いが優勢となると月間最安値の1,261.80 ドルに急落。しかし、その後は北朝鮮情勢の緊迫化に加え、スペインのカタルーニャ自治州の独立問題といった地政学リスクが意識される中で底堅い相場を形成する中、11 日発表のFOMC 議事要旨で年内利上げに確信を得られなかったことで12 日には1,294.45 ドルまで反発。翌13 日には米9 月CPI が市場予想を下回る冴えない結果となったことで再び金市場への資金流入が続き、16 日には月間最高値の1,305.15 ドルまで上伸した。
 しかし、この価格水準では投機筋の売りも根強く、次期FRB 議長人事を巡る観測からドルが買われる中で軟調地合いへ転換。米国株が過去最高値を更新したことも嫌気され、1,270 ドル代後半まで下げ足を強めた。その後は1,270 ドル半ば~1,280 ドル半ばのレンジ相場を形成し、26 日にはECB 理事会後のユーロ安や良好な米国経済指標を手がかりにして1,260 ドル台後半まで売り込まれる展開が続いた。月末にかけて次期FRB 議長に金融緩和策に積極的とされるパウエルFRB 理事が有力と報じられたことから反転すると31 日には1,270.15 ドルまで値を戻して終了。
今後の見通し
 次期FRB 議長にはパウエル同理事が指名されたことで市場は現行のイエレン体制の継続性が維持されるとの見方が広がり、市場にサプライズは無かった。順調に米国が利上げやバランスシート縮小を進めることは金にとって逆風となるだろうが、米国の政治リスクや北朝鮮・中東情勢などの地政学的リスクが価格を下支えしており、当面下値も限定的だろう。

プラチナ市場の動向 10月の動き
プラチナ価格チャート
プラチナ市場の動向
 913 ドルでスタートした10 月のプラチナ相場は、中国をはじめとするアジア圏の祝日を背景に小動きとなる中、3 日に月間最安値の907 ドルをつけたあとも、動意に乏しい状況が続き915 ドル台を挟んだレンジ相場を形成。その後は、米9月雇用統計を受け米国経済の底堅さが意識されたドル高の動きから月間安値と同レベル付近まで下落。しかし、北朝鮮が米西海岸を射程圏内とするミサイルを近く発射するであろうとの報道やスペインのカタルーニャ自治州の独立問題を背景に金が底堅く推移する中で925 ドル付近まで反発。また、11 日のFOMC 議事要旨や対ドルでランド高が進んだこともサポート材料となり、16 日には月間最高値の945ドルまで上伸した。
 その後は次期FRB 議長を巡る動きや堅調な米国経済指標、FRB 高官発言を背景にドル高の動きが進む中で下げ足を強め、ECB 理事会を受けたユーロ安や良好な米経済指標を材料に上値が削られると910 ドル台中盤まで値を落とした。月末にはやや値を戻し、915 ドル付近で終了。
今後の見通し
 欧州のEV シフトなどからプラチナの需要を取り巻く環境が大きく変わるポテンシャルを秘める中で当面は軟調な展開が続くであろうが、米国金利の上昇や地政学的リスクを背景に価格が下支えされる金価格を追随して下値も限定的だろう。



為替市場の動向 10月の動き
ドル円為替チャート
為替市場の動向
 112.78 円でスタートした10 月のドル円相場は月の半ばにかけて軟調な展開が続いたが、月末にかけて反発する展開。
 月初は良好な米国経済指標を材料にややドル高基調で推移したものの、6 日に発表される米9 月雇用統計を前にポジション調整が進み、112.60 円近辺まで値を落とした。同指標発表後は16 年ぶりの水準まで低下した失業率や平均賃金の上昇が好感され、113.50 円付近まで反発したものの、11 日にはFOMC 議事要旨で物価の上昇しない米国の現状を懸念する見解が示されていたことに加え、13 日に発表された米9 月小売売上高や米9 月消費者物価指数が市場予想を下回ったことで上値を抑えられ、月半ばの16 日には月間最安値の112.08 円まで値を落とした。しかし、その後は利上げに積極的な姿勢を示すテイラー・スタンフォード大教授が次期FRB 議長候補として有力との報道からドル高基調が強まり、良好な米企業決算や大規模な米税制改革への期待感から続伸すると19 日には112.99 円まで反発。
 22 日の本邦総選挙における与党大勝の結果を受け、翌23 日には113.89 円まで急騰するも、利益確定の売りやECB 理事会を控えて揉み合う展開が続いた。その後は再び次期FRB 議長候補を巡り、緩やかな利上げ方針を維持するとみられるパウエルFRB 理事が有力との報道からドル売りへ転じると27 日には月間最高値の114.16 円まで続伸。月末には日銀金融政策決定会合も市場予想通りに据え置かれたことで大きな値動きとはならず、月末31 日には113.16 円までやや値を落として終了。
今後の見通し
 日米の金融政策の違いが際立ち、基本的にドル円は底堅い展開が予想されるが、市場は米年内利上げを織り込み済みで、米税制改革法案も審議に難航が予想されることから上値は限定的となろう。

ページの先頭へ戻る
x
協会会員専用ページ

これから先のページは、日本金地金流通協会の会員専用ページとなります。
研修の開催や会員向けの情報を掲載しています。

なお、当協会への入会を検討されている方は、当協会までお問い合わせください。

あなたは日本金地金流通協会の会員ですか?