貴金属市場の動向

2019年7月

田中貴金属工業株式会社 貴金属市場部マーケティングセクション マネージャー 今村 卓二

  • 金市場の動向
  • プラチナ市場の動向
  • 為替市場の動向

金市場の動向 7月の動き
金価格チャート
ドル建て金相場
 1,390.05 ドルでスタートした7 月のドル建て金相場は、世界的な貿易摩擦懸念や、米利下げ観測を背景に月を通して底堅く推移した。米6 月雇用統計では、市場予想を上回る雇用者数の伸びが米利下げ観測を後退させ、ドルが主要通貨に対し上昇すると、9 日に月間最安値の1,387.90 ドルまで下落。しかしその後は、FRB議長が米中通商問題と世界経済を巡る不確実性が米経済の重しとなっている現状を強く示唆したことで、同月末のFOMC での利下げが確実視され、金相場は堅調地合いへ転換。高値更新を続けていた米株式が反落したことに加え、18 日発表の米6 月景気先行指標総合指数が著しく低下したことなどからドルが売られ、翌19 日には月間最高値の1,439.70 ドルまで続伸。
 その後は、高値警戒感から売りが旺盛となったことから1,410 ドル台半ばまで下落すると、月末のFOMC を前に1,420 ドル近辺から1,430 ドル近辺で揉み合う展開が続き、月末31 日のロンドン時間午後に1,427.55 ドルで終了。その後、NY時間のFOMC で市場予想通り利下げが決定されたものの、同声明を受けた追加利下げへの期待剥落から1,410 ドル近辺まで下落し越月。
今後の見通し
 7 月の米FOMC ではリーマンショック直後の2008 年以来の利下げが決定された。足許では米国による対中追加関税の表明もあり、年内にも更なる追加利下げが予想される。基本的にはドル金利の引き下げは金相場にとっては追い風であり、今後も米中貿易戦争の長期化や地政学的リスクの高まりから安全資産として金が選好されると予想する。

プラチナ市場の動向 7月の動き
プラチナ価格チャート
ドル建てプラチナ相場
 833 ドルでスタートした7 月のドル建てプラチナ相場は、G20 で米中が貿易協議再開で合意したことを受けて底堅く推移するも、市場予想を上回る米6 月雇用統計を背景に米利下げ観測が後退。ドルが主要通貨に対して買われ9 日に月間最安値の808 ドルまで値を落とした。
 その後は、FRB 議長が議会証言にて同月末FOMC における利下げの可能性を示唆したことでドル安となると上昇に転じ、中国経済指標も良好だったことから850 ドル近辺まで上昇。その後も、相対的な割安感から買い進められ底堅く推移したあとは、米中通商協議の進展を好感した米株式の高値更新がサポート材料となり25 日に月間最高値の881 ドルまで続伸。月末のFOMC を前に870 ドル近辺から880 ドル近辺で推移すると、31 日には873 ドルで終了。
今後の見通し
 主要生産国である南アフリカの鉱山会社における労使交渉本格化や米FRB の金融政策の転換は価格を下支えする材料となるであろうが、欧州のディーゼル車離れや中国の宝飾需要減など、主たる需要の減少は上値を抑えるであろう。



為替市場の動向 7月の動き
ドル円為替チャート
ドル円為替相場
 108.25 円でスタートした7 月のドル円相場は月初G20 で米中貿易協議再開が合意されたことが好感され、翌2 日には108.48 円に上昇。5 日の米6 月雇用統計では、非農業部門の雇用者数が市場予想を上回り、7 月末のFOMC での利下げが小幅に留まるとの観測から10 日には月間最高値の109.01 円まで続伸した。
 しかし、同日米国時間には米FRB 議長による議会証言が行われ、前述の良好な雇用統計を経ても米国景気の現状認識に変化がないことに言及。更には同月末のFOMC での利下げに対する必要性を強く示唆したことから反落すると、その後の米FRB 高官による利下げへの積極的な発言も相俟って19 日には月間最安値の107.55 円まで値を落とした。22 日には米債務上限の引き上げ合意が超党派で行われ、翌23 日にはIMF による世界経済見通しで米国の経済成長率見通しが上方修正されたことを好感して108 円代半ばを回復すると、月末31 日には108.64 円まで値を戻して終了。
今後の見通し
 米中貿易摩擦の長期化を背景に世界経済への減速感が広がる中、7 月の米FOMCで政策金利の引き下げが決定された。主要中央銀行で唯一利上げを行ってきた米FRB の政策転換でこれまでのドル高の修正が行われると予想しているが、主要中央銀行の中では相対的にドル金利は依然と高く、短期的には大幅な修正までは進まないと予想している。

ページの先頭へ戻る
x
協会会員専用ページ

これから先のページは、日本金地金流通協会の会員専用ページとなります。
研修の開催や会員向けの情報を掲載しています。

なお、当協会への入会を検討されている方は、当協会までお問い合わせください。

あなたは日本金地金流通協会の会員ですか?